女性の薄毛で困っている人がたくさんいます。

女性はアラフォーから髪が薄くなる

40代になりぐっと髪の毛の量が少なくなってきました。
自慢の黒髪は細く弱弱しくなっていき、なんだか地肌も見え隠れしています。
まさか自分が薄毛になるなんて、薄毛なんて男性がなるものだと信じていました。
でもスーパーなどに行ってよく見れば、50代以上の女性たちの頭皮って薄いんですね。
いずれわたしもあんな風になるなんて嫌です。
今からケアして薄毛を止めないと大変なことになってしまいます。

まず取り組みたい頭皮ケア

私が取り組んだのはまずは頭皮のケアです。
髪も短く切り、頭皮への負担を少なくしました。
シャンプーも薄めて頭皮に負担のないように気をつけています。
少しは改善されたかな、と思える点もあり、実際、髪の毛の調子はいい感じです。
年齢を重ねても、女性の髪は大事にしないといけませんね。
今からでもしっかりケアして頑張りたいです。

薄毛に悩むのはホルモンが原因かも

ただし薄毛というのは、頭皮ケアだけでなんとかなるわけではないこともわかっています。
薄毛や抜け毛は、ホルモンのバランスの乱れが影響していたり、老化で頭皮の環境が悪化して起こる現象です。
その意味で薄毛は男性だけでなく、女性にとっても深刻な悩みです。
男性の薄毛というのは、男性ホルモンの分泌が多すぎることによってなる場合と、皮脂による毛穴の詰まりが関係していると言われています。
他にも遺伝子の関係もありますが、男性は原因がシンプルなので、薬で補ったり、頭皮をケアすることである程度の改善が出来るでしょう。

女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因

女性は歳をとると、女性ホルモンが少なくなり結果男性ホルモンが増えることで髪が生えにくくなります。
さらに老化によって髪に栄養がきちんといきわたらず、髪が細くなり薄毛になるのです。
そんな女性の育毛方法ですが、組み合わせを重視すべきです。
女性ホルモンを足すこと、育毛環境を整えること、この両方を複数の育毛グッズやマッサージにより成し遂げるのが女性には大切です。
さらに栄養不足を補ったり、自分の髪の毛をなるべく減らさないための日頃の努力も必要なのです。